納豆に含まれるナットウキナーゼ 

大豆に納豆菌を作用させて作る納豆には、ナットウキナーゼという酵素の一種が含まれています。発行する過程であの納豆のネバネバが生じるのですが、そこに含まれるたんぱく質分解酵素のことです。納豆は古くから日本で食べられており、現在も健康食品として広く親しまれています。ナットウキナーゼには、血栓を溶かしやすくする作用があり、血液をサラサラにする働きがあります。そのため動脈硬化の予防に効果があるとされています。健康維持のため、納豆を食卓にうまく取り入れることをおすすめします。